院内滅菌消毒

img-004-370wri.jpg

滅菌処理は患者さんへの安全な医療を提供するうえで、とても重要な業務です。医療器具が微生物に汚染されていては、治療とはいえません。

タケダでは、手術室や、病棟、外来で使用された医療器具の回収から、洗浄・組立・滅菌を行ったうえで、院内各部署へ供給する業務を病院内で行います。

滅菌業務には有資格者(滅菌技士/滅菌管理士/第1種圧力容器取扱作業主任者等)を含む専門スタッフが、業務の効率化だけでなく、安全な医療を提供するためお客様と常に協力しながら、安全な滅菌業務を追求しています。

タケダの院内滅菌業務は、「医療関連サービスマーク」を取得しています。

(「医療関連サービスマーク」とは、医療関連サービスに対する医療機関や国民の信頼を確保し、良質な医療関連サービスの健全な発展に寄与するために、財団法人医療関連サービス振興会が発足したものです。医療サービスマークは、同財団の定めた認定基準を満たした事業者に対して交付されるものです。)

servicemark.BMP
主な業務内容
  • 医療器具の消毒・組立・滅菌
  • 医師、部署別毎のセット化による管理、供給
  • 手術室清掃