警備

keibi1.JPG

厳しい監視と優しい心づかいを隅々まで行き渡らせます。

24時間稼働する施設では、安全が「快適さ」の大きな要素です。しかも、人手が不足しがちな夜間に発生したトラブルは、予想外に拡大する可能性を秘めています。万一に備えて、セキュリティ管理や施設利用者の緊急事態に即応する体制は、常に万全でなければなりません。タケダの警備業務は、厳しい監視の目と優しい心づかいを、建物の隅々まで行き渡らせます。また、施設をご利用される方々にとって警備員はその施設の「顔」といっても過言ではありません。大切なのは、警備員の印象だと考えます。来訪者に対する受付応対などの場面では、サービスマンとしてきめ細やかさも兼ね備えた厳格かつ品位のある警備を行います。

施設警備

多くの人命と財産をかかえる施設において防犯・防火など安全確保に努めるために重要な業務が、警備員を施設に常駐して行う「施設常駐警備」です。施設内の安全を確保するために、資格・知識を有した警備員が巡回及び立哨・モニター監視業務などを行います。

・モニター監視業務

・立哨業務 ・巡回業務

・鍵の施開錠及び鍵の管理

・車両出入管理

・受付業務

IMG_0123.JPG

交通誘導警備

病院や学校敷地内など、限られた場所に多くの人や車が集中する状況では、車や人の安全を確保するために交通誘導警備が必要になります。それぞれの車両や人の協力を得ながら、道路交通法に従い整然と誘導を行います。

タケダでは施設警備に次いで交通誘導警備の許認可を取得し、病院敷地内での一層の安全確保に努めます。